東京都中央区

築地市場 「くーた」

久々に呑むメンバーでウキウキしながら築地市場へ。

当日お店を探す時間がなくて、適当に入ろうかと思ってたら教えてもらったのは築地にある「くーた」というお店。

夕方予約を入れてみたら運よく予約OK、さらに高級感のある個室に通されてびっくり。

Dsc00269_2

4人集まるまで、メニューを物色。

このビールグラス、飲みくちが薄くてビールが美味しい。泡もきめ細やかです。

Dsc00271_3

さて、こちらがメニュー。お値段は書いてありません。

不安な場合は、率直に聞くに限る。とはいえ、そのたびに全部聞くのもねえ、、、

だいたいの値段を想像しながらオーダー。オトナだ。

Dsc00270_3

こちら、五島のごまさば。なんじゃこりゃ~。口のなかでとろけるほどこってりした油。

Dsc00272_2

そして衝撃のアン肝。バターのようなコクがでぼってりと口をふさぎます。

こんな美味しいアン肝は初めて食べた。

Dsc00273

豆腐とシラスのサラダ。お豆腐がとろとろで赤玉葱がしゃりしゃり。

Dsc00274

一品のお値段はそれなりにどれも高めなのですが、こちらは「贅沢なひとくち アワビ」様です。

人差し指と親指でわっかを作ったくらいの大きさ。で800円。

ほかの2人が来る前に食べようということで頼んだんだけど、結局2人で分けるには

小さかったので譲ってもらいました(謝)。

Dsc00275

こちら伊豆のヤリイカ。透明なイカ!!新鮮です。

Dsc00276

チキンの唐揚げ。肉厚、アツアツ。衣がさくっとしてて中がジューシー。

スパイスが抜群においしいです。

Dsc00277

さて、全員、いい調子で呑むメンバーなので、ワインがどんどん開いて既に3本目くらい?

和食の店だけどワインの種類も豊富で嬉しいです。

たけのこ煮物。

Dsc00278

白菜と豚肉のかさね蒸し。

Dsc00279 

結局呑むわ食べるわで1人1万円くらいのお会計。

贅沢~。このお料理の美味しさは筆舌に尽くしがたいです。

もっと食の表現にボキャブラリーがあれば、、、とつくづく思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有楽町 ジムトンプソンズテーブル

今日はEと久しぶりに会ってランチすることに。

有楽町マロニエゲートに入っている「ジムトンプソンズテーブル」へ。

ジムトンプソンっていったらタイのシルクブランド。レストランがあるなんて知らなかった。

開店の11時ちょっと前にお店に集合。既に何組かのお客さんが列を成してました。

やっぱ暑い夏は辛いもの美味しいよね~。タイ料理大好き。

グリーンを基調にした店内は涼やかで、タイシルクがインテリアのエッセンス。

日差しがさんさんと溢れていてなんとも土曜日のランチに居心地よいテーブル。

と、高級感溢れる優雅な雰囲気はさておき、なんてたってランチバイキング、70分食べ放題。

むふ、食べるぞ~。お腹膨れちゃうのでランチビアは我慢。

【1回目】本能むき出しで料理を盛ったのでなにがなんだか分かりません。説明割愛。

Dsc00291

【2回目】

Dsc00288

【3回目】

Dsc00289

【デザート】

Dsc00290

この3回登場している長方形のプレートが小さいのだ。

ちょこちょこしか1度に盛れないので、何度も往復。

なんせ70分勝負なので、久々に会ってお互い話したいことてんこ盛りなのに、食べるのにも忙しく、

料理のお代わりや、飲み物含めて席を行ったり来たりで、「これ美味しい」「これ辛い」といいながら

合間でお互いの近況を忙しくおしゃべり。

優雅なランチとは程遠い、、、けど美味しそうなもの眼にしたらまずは食欲満たさねば。

70分はあっという間。せめて90分にしてくんないかな。

でも1800円だし、お料理も美味しかったので大満足でした。

お腹が膨れて苦しかったので、少し銀座界隈をぶらぶら。

お店を変えてようやく落ち着いて、じっくりお茶しながらおしゃべりしました。

女がバイキングに行こうものなら、やっぱし食欲が勝るのねえ・・・。

しかし、友よ。臨月で15日出産予定なのにタイ料理なんて食べて大丈夫??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸の内 もつ福

Sn370231_2

前職のMさんOちゃんと3人で丸の内ビルに入っている「もつ福」へ。丸ビルってこじゃれた店しか入ってないのかと思ってたのでナイスな予想外。

 サラリーマンやOLのグループで熱気むんむんです。

予約でいっぱいのようで、平日だったけれど予約の時間から10分待ってようやく着席。鍋だと回転も難しいよね。

名物のレバカツと、酢モツ、なすの一本揚げなどを頼んで、ビールとハイボール、焼酎ロックですっかりいい感じ。

中盤に差し掛かったところで期待のもつ鍋です。

【酢モツ】(上段)と【もつ鍋 海の神(塩)】2人前(2078円)(下段)

Sn370234_2  

Sn370238_2

モツ鍋の味は4種類あったのだけど、オーソドックスに塩味でオーダー。

かなり濃厚な塩の味わいで、お酒が進むっ。宮古島の雪塩を使っているらしい。

うま~catface 

最後は絹ごし豆腐とちゃんぽんで締めました。3人でお腹いっぱい食べて、焼酎のボトルうを空けても11000円。

リーズナブル!

23時にクローズなのが残念。

もう少し呑みたい気分だったのでそのまま駅を突き抜けて八重洲口へ。(駅員さんごめんなさい)

日本酒を飲んで、終電ぎりぎりで横浜へ。酔った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)