« 2011年4月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

東府やResort&Spa 朝食

朝食は、夕食と同じ「水音」でいただきます。早めの時間にいただいたので、窓際のいい席だけどまだ空いていました。

Dsc00414

オープンエアのテラスにも席があるけれど、夜も朝も使われてなかったみたい。

Dsc00416

Dsc00283

朝ごはんのメインは、見て楽しい籠に盛られたお惣菜あれこれ。

Dsc00417

そして、火であぶった大きな海苔。(あまり香りは感じなかったけど)

Dsc00204

小皿のあれこれ。

Dsc00201

Dsc00200

Dsc00205

Dsc00202

Dsc00206

食後のコーヒーまでゆったり堪能です。

食事が個室でないのが少し残念だけど、施設の探索の楽しみやお風呂のよさ、サービスの気持ちよさで満足度が高い宿でした。

いろんなタイプの部屋があるので、次は違う部屋にも泊まってみたいな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東府やResort&Spa 夕食

東府やResort&Spaの夕食です。

水音というレストランで20時半からいただきました。

まずは「涼味菜」

葛海老、白瓜、胡桃、鮎うるか、長いも、蓼葉

Dsc00197

「椀」

早松茸、吉野鱧、酢立

Dsc00260

「作里」

Dsc00261

強肴

・牛肉香煮 じゃが芋 冬瓜 わさび菜 ちんげん菜

Dsc00268

鮑踊り焼き

Dsc00262

「小菜」

夏大根 東寺揚 の美味出し

Dsc00269

「焼物」

太刀魚塩焼き エシャレット 獅子唐 牛蒡 川海老

Dsc00270

「煮物」

湯葉万十 五目庵 絹さや

Dsc00271 

味付けはどれもあっさりとした品のいい風味です。日本酒があいますわ。

Dsc00263 

「止肴」

鱧皮和へ 若布 胡瓜 小茗荷 割りポン酢

Dsc00272 

「食事」

釜土滝ご飯 香の物 赤出汁

Dsc00273

「水菓子」

Dsc00274

美味~、完食しました。

食事を終えて部屋に戻る途中の風景です。幻想的で素敵でしたー。季節によっては蛍も見られるそう。

Dsc00198 Dsc00199 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東府やResort&Spa 大浴場

東府やResort&Spaには、内風呂(男:1、女:1)、露天風呂(男女入替制)、貸切露天風呂:2があり、もちろんすべて堪能しましたー。

最初に入ったのは婦人用内風呂。

Dsc00371

ちょっと狭いかなと思ったけど、誰もいなくてのびのび入れました。

Dsc00364

緑を臨むお風呂。和みます。

Dsc00286

洗い場がお風呂と離れているのでうれしいです。

Dsc00365 

どのお風呂にも、たっぷりのタオルがおいてあって部屋から持ち出さなくていいのが

贅沢ー。

Dsc00400

露天風呂のひとつ。半露天ですが、仕切りの竹ざおが涼やかで開放感があります。

Dsc00295

貸切露天風呂は2つ。その1。

Dsc00418

その2。

Dsc00401

貸切のお風呂は、フロントに利用したい時間を申し入れる仕組みです。

滞在中は空いていればいつでも何度でも利用できます。

いろいろあるお風呂のなかで一番気に入ったのが露天風呂「行基の湯」。

Dsc00413

山の緑と川のせせらぎが同時に楽しめる風情のあるお風呂でした。

男女入れ替え制で、朝あわただしく短い時間でしか入れなかったのが残念!

Dsc00284 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東府やResort&Spa 部屋付露天風呂

部屋の露天風呂です。

離れの間「桜」は川沿いで、せせらぎを愉しみつつ入れる露天風呂。

気に入って、本を持ち込んで滞在中のほとんどはここですごしました。

Dsc00313 

足を思い切り伸ばして入れる十分な広さ。浴槽の一部が高くなっているので

腰掛けて半身浴。長いこと入っていられます。

Dsc00296 

大きなタオルをぐるっと体に巻いて、椅子に腰掛けて気分転換したりも。

Dsc00316_2

お酒飲んだり・・・

Dsc00383

こちらが洗い場。

Dsc00315

この、シャンプー&トリートメント、シャンプーが好みの香りでした。

Dsc00314

夜は、ライトアップされてこれまたいい雰囲気です。

Dsc00389

Dsc00384

最初にも書いたとおり、このお風呂がとっても気に入ってずーっとお風呂とデッキチェアを行ったりきたり。

朝シャンならぬ朝スパも堪能ですわー。

Dsc00408

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東府やResort&Spa 部屋

今回宿泊したのは、離れの「桜」。

フロントや食事処がある建物からは歩いて3~4分ほどかかります。

Dsc00429

こちらは玄関。

Dsc00423

玄関を上がると、左手に長い廊下。田舎のおうちに来たみたいだ!

Dsc00308

畳風の敷物が敷かれたくつろぎスペースとひとつづきにベッドがあります。

外観はいい意味で歴史を感じる建物ですが、改装されているため部屋はとっても清潔でキレイ。

Dsc00330_2

ベッドもフカフカでしたー。

Dsc00307

ベッド側からみた部屋の風景です。ちょっとテレビが遠いっす。

Dsc00322

こちらは、洗面所。左奥は、部屋の露天風呂に続くドアです。

洗面所にもクーラーと腰掛がありスペースも十分広くて涼むのには最高です。

Dsc00301

Dsc00318

鏡も2つ。

Dsc00310

アメニティも化粧水、乳液など女子に必要なセットがちゃんとあります。

歯磨き粉がよくある、歯ブラシとセットのちっちゃいやつでなく、1週間は使える十分なサイズのものでうれしい。

Dsc00390_2 Dsc00312

こちらが台所??お茶セットや冷蔵庫があるスペース。

Dsc00325

離れの部屋はウェルカムドリンクが冷蔵庫に用意されています。冷蔵庫広くていいっ!

Dsc00324 

持ち込んだ飲み物ですぐにいっぱいになったけど(笑)

この下段にはビールの類がみっしり入れられます。

Dsc00329

空気清浄機や、虫除けのおしゃれな機器も充実してます。

Dsc00381 Dsc00382 

ゆっくりリラックスですー。カンパイ!!

Dsc00304

Dsc00326

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東府やResort&Spa 施設

東府やResort&Spaへ行ってきました。

ここしばらくブログを放置していたのですが、この間、月1ペースで温泉に行ってたので

少しずつUPして再開しまーす。酒&B級グルメブログのはずが、しばらくは温泉ブログになりそうです。

東府やResort&Spaは、前々から気になっていたところで、直前の予約だったんだけど

離れの部屋が空いていたのでエイ!と決めました。

まずは施設。こちらは、足湯が楽しめるベーカリー&カフェです。

Dsc00338

広大な敷地の緑とプールを臨むカウンター形式のテーブル。足湯を愉しみながら焼きたてのパンやスィーツ、カフェが楽しめます。

Dsc00335

こちらがベーカリー。

Dsc00336

Dsc00426

今回は、チェックアウトの後にテイクアウトで買いました。

左から、ブルーチーズやモッツァレラ、レーズン、胡桃とワインに良く合うパン、トマトとバジルの黄金な組み合わせのフォッカチャ、ふっかふかのハイジパン。

Dsc00427

東府やResort&Spaは、広い敷地で、あちこち見て回るのに探検気分で楽しめる宿でした。

今回は離れに泊まったので、フロントや売店からは部屋から歩いて5分。

こちらがフロントのあるロビーです。

Dsc00353

希望すれば色浴衣も選べます。柄が華やかで楽しいです。

Dsc00355

ロビー。みんな部屋でおこもりなのか誰とも会いませんでした。

Dsc00354

ライブラリ。

Dsc00356

売店。シャンプー・リンスの香りが気に入ったので気に入ったので顔カラダにばしゃばしゃ浴びられる化粧水を買いましたー

Dsc00404

吹き抜けの天井が気持ちいいです。

Dsc00397

いろんなタイプの部屋があって施設のあちこちをぶらぶら歩くのも楽しめます。

さて次は宿泊した離れの部屋へ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年11月 »